読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分で楽しめる文化系WEBマガジン MIN CAFE

ひとりカフェ中に、10分で楽しめる本や映画、エッセイ、カフェ系ブログ。映画は洋画中心、カフェは関西中心、ときに考えさせてくれるエッセイをエッセンスに。文化系の読者様大歓迎です。

派生した新生ターミネーター|ターミネーター:新起動/ジェニシス|評価|感想

ターミネーター3よりは2の続編に思える映画

ターミネーター3以来、アーノルド・シュワルツェネッガーが戻ってきた最新作はエンターテイメント感満載ノンストップムービーだった。ターミネーター1と2の設定を巧みに利用し、タイイムトラベルものに生まれ変わった。

続編でありながらも新起動

新たなシリーズを予感させる第一弾。ターミネーターの当初の世界観やカラーは薄れたか。タッチが変わりアクション要素に大きく傾いている。どことなくマーベルもの映画の雰囲気に近い。暗い未来・コンピューターの脅威を描いたコアなターミネーターは消え、ヒーロー映画的要素が多くを占めた。従来のターミネーターファンから、新たなファン層を作ろうとする意図を感じた。

薄れるターミネーターの存在感

圧倒的脅威と恐怖の源だったターミネーターは消えた。主人公たちの戦闘力が上がり、戦術も巧みで強い強い。これはこの映画だけの問題ではなく、ターミネーター1や2で感じた感覚は、SFXが進化しSF映画を見慣れる時代となったことも原因だ。

偉大なターミネーター1・2

改めてターミネーター1・2のすばらしさを再認識した。画に見えない演出力が映画を印象づける。新の演出力というものを。エンターテイメント性の奥にメッセージ性をしっかりと内包した映画だったということを、改めて感じた。

☆☆★★★