読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分で楽しめる文化系WEBマガジン MIN CAFE

ひとりカフェ中に、10分で楽しめる本や映画、エッセイ、カフェ系ブログ。映画は洋画中心、カフェは関西中心、ときに考えさせてくれるエッセイをエッセンスに。文化系の読者様大歓迎です。

コピルアクが1000円以下で飲める|Beans Cafe&Gallery 片岡|カフェ|大阪|谷町六丁目

地下鉄谷町六丁目駅近くに今年オープンしたBeans Cafe&Gallery 片岡

豆とギャラリーをコンセプトにしているお店です。お店に一歩入ると、豆の香ばしい香りと店員さんの明るい声がお迎えしてくれます。実はこのカフェ、ちょっと変わってるんです。Beans Cafeだから、豆にこだわっています。

飲む豆と食べる豆

どういうことかというと、飲む豆はコーヒー、食べる豆はつまみやデザート。店員さんによると、豆にこだわっていて、コーヒーも豆だからということです。

食べる豆

私はおやつ豆を注文しました。色とりどり、種々の豆が小皿に用意され、それをつまみながらお茶を楽しみました。小豆や青大豆なんかも甘めに煮ておやつになっています。他にも珍しいメニューがありました。白いぜんざいです。京都で白い小豆のぜんざいがあったりしますが、このお店では白玉ときなこ白玉が入っているそうです。

飲む豆

コーヒーはブレンド、ラテなどから選んだ上、一般的な抽出と、ディカフェ、コピルアク豆などから選べます。ディカフェ? コピルアク? コーヒーに詳しくないと、何のことかわかりませんよね。モカ、ブルーマウンテン、エチピアなどの産地ではありません。コピルアクは産地と言っていいのかどうか……。

ディカフェとは

コーヒーからカフェイン成分を抜くことです。簡単に薬品でディカフェを行っているところが多い中、このお店では水で洗った オール水洗式で時間をかけて抽出されているようです。

コピルアク

ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆です。世界で一番高価なコーヒーで、日本では一杯5000円を超える程です。ですが、このお店では直仕入れで価格を一杯、ホット¥850 ラテ¥950 で出されています。コーヒー通にとっては驚きの価格で、交通費をかけてでも飲みたいところです。

私はディカフェのラテを飲んでみました。美味しかった-。店員さんの話によると敢えて深入りにしているそうで、とても芳ばしい。コーヒーの香ばしさは強いがディカフェされているので苦みがなく、コーヒーが苦手な方も全然飲める味です。

都心から少し離れた商店街の近くにあるカフェには、地元の方々と来店されているようです。店員さんも気さくで、大阪の良さと種々の豆、ギャラリーとあるようにアート作品の販売も行っている。盛りだくさんなお店でした。豆好きもコーヒー好きも楽しめる希少なカフェです。

お店情報

住所 大阪市中央区谷町7-2-2

営業時間 11:00~18:00

お休み 水曜日

Facebook http://www.facebook.co./bcafe.g.kataoka