読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分で楽しめる文化系WEBマガジン MIN CAFE

ひとりカフェ中に、10分で楽しめる本や映画、エッセイ、カフェ系ブログ。映画は洋画中心、カフェは関西中心、ときに考えさせてくれるエッセイをエッセンスに。文化系の読者様大歓迎です。

図書館とご老人

近頃、よく図書館を利用している。一冊読むとそこから派生して別の一冊や関連本に手を伸ばしているうちに通うようになった。そこで気になった図書館模様について書こう。 高齢者の溜まり場 私が住んでいる一帯に高齢者が多いのか、チェーン店のカフェやファ…

ビニール傘が教えてくれた童心|雨|日常

ビニール傘の雨粒 梅雨のこの季節は大人になると憂うつなものだ。今朝も雨だった。信号待ちで手にしているビニール傘をふと見上げた。雨粒が溜まり、くっつき大きな粒になっていく。重さに耐えきれずに、流れ落ちていく。そんな様子を子供の頃、飽きずに観察…

ふと怖くなった子供のケンカ|教育|子供

電車内での子供のケンカ 正面の席に小学5年生位の男の子と小学2年制位の男の子が座った。どうやら兄弟のようで、制服を着ていることから同じ私立小学校に通っているようだ。兄弟は電車に乗り込み、席に座る前から揉めていた。 兄「お前、低学年の癖にいい度…

印象的な親子の会話|ユウキくんとお母さん|教育|子育て

先日、電車で目にした印象的な親子のお話 6歳くらいの男の子とそのお母さんが会話をしているのが耳に入った。仮に男の子の名前をユウキ君として再現します。 お母さん「ユウキはまだまだ伸びしろがあるから、もっともっと強くなるよ。お母さんはもうこれ以上…

アフガニスタンで落語|チームお笑い国際便|お笑い

紛争地アフガニスタンで寄席をされる落語家さんのお話 笑福亭鶴笑さんがラジオに出演されていて、そのときのお話しが大変印象深かったので、ご紹介します。笑福亭鶴笑さんはチームお笑い国際便のメンバーのお一人です。 チームお笑い国際便とは アフガニスタ…

グッバイ・サンタクロース(子供は読まないで)

「何歳までサンタクロースを信じていた?」クリスマスの時期にある会話の一つです。今回は私のサンタクロースについてお話しします。 25日の朝には、プレゼント自慢とサンタクロース目撃談 子供の頃、25日の朝になるとプレゼントを開け、外に飛び出しました…

ムーミンの真実を知って、ムーミングッズを見てみると違った|ムーミンカフェ|あべのハルカス

限定オープンしたムーミンカフェ 先日、あべのハルカスに限定オープンしたムーミンカフェに行ってきました。ムーミンをモチーフにした特性ドリンやスイーツが販売されていたんですが、100人待ちの長蛇の列で諦めてしまいました。メインはムーミングッズ販売…

ポッドキャストのススメ 隙間時間で楽しめる音声メディア

ポッドキャスト活用法 私はポッドキャスト番組を愛聴しています。今回はポッドキャストについてお話します ポッドキャストとは インターネットから音声や映像コンテンツをダウンロードする仕組みです。ipod、iphoneなどアップル社の端末にはアプリとして搭載…

すうじとスイカ|エッセイ

社会の溢れる数字についてのお話 木皿泉さん脚本ドラマ「すいか」の中で、数字をテーマとした回があった。 登場人物の一人がネックレスかブレスレットを誕生日にプレゼントされる。そのとき、プレゼントする男性が ○万円したものだと言う。もらった彼女はそ…

パンケーキとメディアについて|エッセイ

鳥越俊太郎さんがテレビメディアについての発言 鳥越俊太郎さんがテレビメディアについて、こう仰っていた。 「テレビはその国の国民の質を表している」 これは、テレビマンが視聴率のため、視聴者が求めるものを作る。 その結果、圧倒的にドキュメンタリー…